スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンデルセン

デンマークといえば・・・のところで、童話作家アンデルセンが抜けてました~
母が持っている昔の本は、古びているけれど挿絵が美しかったな。

Hans Christian Andersen (1805―75)

デンマーク語では「アナセン」と発音。
フュン島のオーデンセで貧しい靴屋に生まれ、学校にはほとんど通えなかったという。
その後舞台俳優に憧れコペンハーゲンへ。
挫折を繰り返しながらもラテン語学校に給費生として入学。
23歳でコペンハーゲン大学に入学した直後、旅行記や小喜劇をつくり作家の道に踏み出すが、
文法上の誤りが酷評されたり失恋に悩んだりしたことからヨーロッパの旅へ出かける。
以後、「旅は自分の学校」として29回も国外を旅した。
イタリアの風物に感激して書き始めた小説『即興詩人』で広く認められると、
数々の童話集を発表し本領を発揮。
その他、短編集『絵のない絵本』や紀行、自伝などでも世界的名声を得たが、
恋愛では報われることなく生涯を独身で過ごした。

<代表作>
おやゆび姫 ・・・1835年
人魚姫 ・・・1836年
裸の王様 (皇帝の新しい服) ・・・1837年
みにくいアヒルの子 ・・・1843年
赤い靴・・・1845年
マッチ売りの少女 ・・・1848年

「赤い靴」、読んでてコワくなって泣いた記憶があります。。

コメントの投稿

非公開コメント

♪♪ Have a nice day ♪♪
プロフィール 

yayo

Author:yayo
1982年生まれ。♀

5年弱の会社員生活に
ピリオドを打ち、
デンマーク留学を
実現することになりました。

チェブとCowboy Bebopへの
愛情は今なお変わらず。

自転車・クルマ・鉄道好き。
気ままな旅がいちばんです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
WELCOME
DENMARK(Helsingør)
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。