スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Provenceの休日 vol.1

7月13日(月):Bourdeaux村にて真夏のプロヴァンスを満喫
丘の上にある先生の別荘(廃墟の手前、時計塔の横)。窓からの眺めがすばらしい!

resizeRIMG0032_20090807051820.jpg   resizeRIMG0026_20090807051813.jpg

resizeRIMG0063_20090807052410.jpg   resizeRIMG0046.jpg

この日は朝昼晩と3度長い散歩に出かけ、足の指にくっきり日焼けの跡が。。
先生は実は62歳。それをまったく感じさせないユーモアとタフさが大好きです!笑

resizeRIMG0040.jpg   resizeRIMG0058_20090807052358.jpg   resizeRIMG0052.jpg
  
resizeRIMG0054_20090807051846.jpg   resizeRIMG0061-2.jpg   resizeRIMG0068.jpg

resizeRIMG0071.jpg   resizeRIMG0076.jpg   resizeRIMG0080.jpg

resizeRIMG0091.jpg 夜はレストランで田舎のフランス料理をご馳走になりました♪

右の美しい女性は??答えは先生のお嬢さんAnnick。
本当に仲が良く、若い恋人を連れて歩いているとよく間違えられるとか。。素敵ですよね!笑

スポンサーサイト

15年ぶりのParis

7月12日(日):早朝アントワープを出発、TGVに乗換えパリへ

プロヴァンスにPierre先生を訪問する前に、せっかくなのでパリに寄ることにしました。
人生初の海外旅行が中1の夏に友人と訪れたフランスだったので、感慨もひとしお。

resizeRIMG0038_20090806211918.jpg   resizeRIMG0043_20090806211925.jpg   人だかりのモナリザ(変換後)

↑念願のMusée du Louvre(ルーブル美術館)
有名すぎるだけに落ち着いて鑑賞できる環境でないのが残念。。
展示スペースも広大で、3つの「翼」全てを見るには一日がかりかと思います。

resizeRIMG0053.jpg   ノートルダム(変換後)   resizeRIMG0056.jpg

駆け足での見学だったのでエッフェル塔は眺めるだけにとどめました。
そして長い列に並びノートルダム寺院のステンドグラスを見学。

最後にこれまた人だかりのモンマルトルの丘からパリの街を一望し、
TGVにて先生の待つValence駅へ。地図&地下鉄と格闘し、よく歩いた一日でした
自分の気分で行き先を決められる一人旅は、頑張りすぎに注意です。笑

Brugge & Niewpoort

またまたご無沙汰してしまいました・・皆様いかがお過ごしでしょうか。
土曜に日本の文化を紹介するイベントがあり、しばらく準備に追われていたのですが、
なんとか無事終わり、ゲストにも喜んでもらえて、やっと一息ついたところです
あと、新しくチェコ出身のルームメイトができました!
新しいContact groupも春学期とはまた違う雰囲気で、楽しませてもらっています。

**********

さて、いつの間にか夏休みが終わって1ヶ月経とうとしている。。本当に早すぎです。
写真メインで、流浪の旅の続きをご紹介したいと思います。

7月5日(日):ブルージュ&北海ビーチのニューポートへ

早速、前日購入したナビをブルージュ駅にセットし出発!
・・のはずが、到着したのは人の気配もない線路沿いの空き地。
牛さんたちの歓迎を受けた後、気を取り直して本物の駅を探すも、
日本の製品とは少々勝手が違うこともあって今後に一抹の不安が・・

resizeRIMG0073.jpg   resizeRIMG0077.jpg

ナビのおかげで遠回りで到着したブルージュ(笑)さすがに観光客で賑わっていました。
街のはずれまで歩き、郷土料理をいただいてから、北海へ向けてさらにドライブ
お天気に恵まれたおかげで、白く光る砂浜を堪能することができました

resizeRIMG0085.jpg   resizeRIMG0099.jpg   resizeRIMG0100.jpg

resizeRIMG0115.jpg   resizeRIMG0117.jpg   resizeRIMG0118.jpg

resizeRIMG0120.jpg   resizeRIMG0132.jpg   resizeRIMG0144.jpg

resizeRIMG0148_20090806202009.jpg   resizeRIMG0155.jpg

まったりAntwerpen  

最初で最後の流浪(?)の旅から、無事IPCに戻ってきました!!!
新学期が始まり、しばらく二人部屋を一人で使うことに。
かなり気楽ですが、Sheilaが恋しい~ということで早速連絡したら、
なんと会社に復帰後マネージャーに昇格したとのこと
やっぱり頑張り屋さんはちゃんと評価される。いい励みになります。

さて、この一週間新しい仲間との行事が続き、明日はようやく一息つけそう?!
・・ということで、夜更かしで更新したいと思います。笑

********

7月4日(土):アントワープ・セントラルにて観光&おかいもの

まずは弟への宿提供のお礼に、車に付けるナビを物色~
こちらのヨドバシ的存在SATURNにて、弟の上司おすすめの品に決定。

resizeRIMG0002.jpg   resizeRIMG0010_20090806200315.jpg 土曜だけにかなりの賑わいです 

ちょうどセールの時期でもあり、メインストリートを一通り満喫してから、
伝統的なギルドの建物や川岸の砦などを見て回りました。

resizeRIMG0030.jpg   resizeRIMG0035_20090806200335.jpg   

resizeRIMG0037.jpg   resizeRIMG0044.jpg

↓髪をばっさり切り、「大将!」と愚姉から呼ばれたのは彼です。笑
この適当に入ったレストランが、意外なヒット!!
本場の"ムール貝白ワイン蒸し"、おいしく頂戴しました♥

resizeRIMG0054_20090806200647.jpg   resizeRIMG0058_20090806200653.jpg

結局9日間滞在させてもらったアントワープ。個人的にはブリュッセルより好みの街。
ベルギー国鉄の列車は少々古く汚いのですが、さすがに中央駅の建物は立派でした↓

resizeトラム   resize中央駅   resizeRIMG0016_20090806200322.jpg


ベルギーの首都Brusselへ

7月3日(金):高速列車Thalysにてブリュッセルへ。

初体験のThalysは古くて狭く少し残念でしたが、無事ブリュッセル中央駅に到着!
・・と、ここでまた問題発生。こういうことが続いて旅慣れていくんですね。笑

探しまわってやっと見つけたロッカーに荷物を預け歩き始めたのですが、
地図の通りに進んでも何も見えず、街もかなり暗い雰囲気。。
これがブリュッセル?相当疲弊してるな~と不安になり、
通りかかった人に現在地を確認しても英語が通じない!
ようやくバイト帰りという女子高生と話が通じたところ、
なんと「中央駅」と思い込んでいたのは「南駅」だったことが判明。
どうりで地図と合わないはずです。
ただその女の子が目的地の広場まで一緒にトラムに乗ってくれ、
観光スポットへの行き方についても説明してくれたので、その後はスムーズでした。
(迷子の私のことを最初同年代だと思ったらしい。ごめんね~

さて、そうしてたどり着いた広場がこちらのGrand Placeです。
世界一美しい広場と言われたとかで、やはり世界遺産に登録されています。

resizeRIMG0088001.jpg   resizeRIMG0089001.jpg   resizeRIMG0092001.jpg


お決まりのワッフルを食べた後、偶然本場のタンタンショップを発見!
久々に読みたくなって本を手に取るも、荷物を増やせないのでガマンしました。

resizeRIMG0085001.jpg   resizeRIMG0093001.jpg   resizeRIMG0094001.jpg

雰囲気のあるGODIVAのカフェとアーケード街。
大聖堂にもおじゃまし、ステンドグラスとパイプオルガンを眺めてまったり。
   
resizeRIMG0097001.jpg   resizeRIMG0098001.jpg   resizeRIMG0104001.jpg

この後、アントワープで弟とすんなり会えなかったのは以前お話しした通りです。。
思い返せばなんとも濃い一日でした
♪♪ Have a nice day ♪♪
プロフィール 

yayo

Author:yayo
1982年生まれ。♀

5年弱の会社員生活に
ピリオドを打ち、
デンマーク留学を
実現することになりました。

チェブとCowboy Bebopへの
愛情は今なお変わらず。

自転車・クルマ・鉄道好き。
気ままな旅がいちばんです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
WELCOME
DENMARK(Helsingør)
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。